2018年1月29日月曜日

只見線撮影モデルコース

只見線を撮りに行く際に頭を悩ませる事柄の一つが「どこに泊まってどう回ると良いか」です。特に初めての場合は勝手が分からずに苦労します。今回は始めて撮影に訪れる場合に、なるべく気軽に利用することを念頭に置いていくつかのモデルコースを提示します。

1, 位置関係

大雑把には会津盆地の南東に会津若松市で西に会津坂下町、坂下から南西へ向かって峠を越えると柳津町、さらに奥へ進むと三島町金山町、そして只見町の順番です。
なお今回のモデルコースは宿泊地としても撮影地としても只見町を含みません。

2, 宿泊地

会津若松市内が良いです。コンビニがあって駅から至近の距離にインターネットから予約可能なビジネスホテルもあり、朝ご飯のない素泊まりプランを使えば朝一番の列車に余裕を持って乗れます。冬場の大雪でも会津地域から帰還することが比較的容易な位置も、初めての訪問には重要な点です。
柳津町も候補として挙げられます。会津若松市より奥に位置するとはいえ、盆地から峠を一つ越えただけという、さほど遠くない立地です。

3, 撮影地

会津柳津駅や滝谷駅の周辺、それに三島町(会津宮下駅周辺・只見川第一橋梁を含む)あたりが候補として挙げられます。駅からそこまで遠くない場所にいくつかの撮影地が点在するためです。
いずれにしても最初は会津川口までの場所で検討するのが良いと思われますので、以下おすすめ順に宿泊地+撮影地のモデルコースを3つ紹介します。

4, モデルコースA(会津若松市宿泊)